スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に拍手する

グルーポンのおせち騒動から見えるクーポンサイトの問題

グルーポンのおせち問題、かなりの大きな話になってきてます。
テレビのニュースや情報番組でも大きく取り上げられてます。

グルーポンなどまったく利用する予定もなく詳しくも知らなかったんですが、正月明けにネットで見て始めて知りました。
グルーポンでバードカフェなど数店舗の飲食店を経営する外食文化研究所が、21000円のおせちを10500円で販売したのが、中身がスカスカ、しかもおせちなのに1月1日や2日に遅延して届いたものも多かったとか。

写真を見ましたがこれはあまりにひどい内容でした。
すでに数人で食べた後のようにスカスカでお重の底が見える状態。
しなびたような食べ物、8Pチーズがそのまま放り込まれ、数の子は塩抜きもしてなければ皮もとっていない。
またクール便でこないどころか保冷材も入っていないものもあり、すでに臭いがきついものもあったとか。

はっきり言ってアレはもともと2万円のものではなく、さりとて割引後の1万円のものでもないでしょう。
他で5000円のおせちを買ってももっといいものがきます。
せいぜい3千円と言う感じではないかな。
でも3千円であのおせちを買うかと言えばぜったいに買いませんけど。
またネットでこの話題を調べていくと、どうやらグルーポンのシステム自体がどうもよくないらしい。
クーポンサイトから営業を受けた飲食店の店長のブログなども見ましたが、そもそも通常価格はその価格で普段売っているのではなく、割引後の価格のものに通常価格として高めの価格をつけているようです。
つまりそもそも5千円のものに通常価格1万円の値段を付けて50%オフで5千円といっているような。
いわゆる景品表示法による二重価格表示にあたる危険性が非常に高いようです。

また今回は騒がれたから表に出ましたが、騒がれなければそのままでしょう。
販売したバードカフェの外食文化研究所もそのつもりで販売したんでしょうが、ここまで酷くなくてもそれなりに程度の低いものならお金だけ集めて売り逃げが出来てしまいます。

よくあるクーポン券の無料配布とまったく意味が違うのは、このクーポンサイトは値段を付けて販売している所です。
あくまで商品の販売をしています。
なんだかクーポンと言う言葉に騙されてしまいますが、広告料で儲けてクーポンを無料配布しているわけではなく、商品に値段を付けて販売しています。
その販売方法が限りなく二重価格表示に当たりそうなものですから、これはかなり問題でしょう。
しかも前払いで先にお金を集めます。
今回のように後になって商品やサービスが違うと言う話はこれからも出ると思います。

まあとりあえず私がこれを利用する事はないですわ。


テーマ : 痛いニュース
ジャンル : ニュース

この記事に拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コタザロウ

Author:コタザロウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア

  • SEOブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ


あわせて
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。